抜歯しか打つ手がなくなってしまった

どうにもならない虫歯で、抜歯しか打つ手がなくなってしまったのです。
ブリッジでもいいですよと言われましたがインプラントにもできるということで、メリットとデメリットを説明されて最終的にインプラントを選びました。
費用も見積もりを出してもらい、全て自費ですがしっかり噛むためにはインプラントが良いとのことでした。
治療後、噛めるようになると、ほどなく自分の歯と同じように噛めたので歯医者さんに言われたとおりだと思いました。
様々な条件を考え合わせた上で、インプラント治療を受けることを決めたと思いますが、大切なのは自分にとって最良の歯科医を見つけられるかどうかです。
インプラント埋入などの技術に優れているかどうかはもちろん、埋入手術までの検査、治療、手術後のケアなどでも歯科医の技量は厳しく問われるので大きく違ってくると言うべきです。
インプラント治療は、特に歯科医ごとの差が大きい治療法だということを理解してください。
手に入る限りのデータを集めて、歯科医を決めることが治療の成否を決めるのです。
歯科医によっては、この患者にはインプラント治療を適用できないとしてレントゲンやCT検査の結果、その先へ進めないこともあります。
でも、断った理由として「あごの骨の強度や厚さが十分でない」だの「あごの骨のサイズが足りず、インプラントを入れられない」であれば治療を断念するのは早すぎるかもしれません。
最新の設備を備えた歯科医院で、技術を持った歯科医にかかればかなり困難なケースでも相当数が治療できるようになってきました。
現状での最先端治療が受けられるよう、できる範囲で探して、問い合わせてみましょう。
一口にインプラント治療といっても、3ステップあると考えてください。
まず、人工歯根をあごの骨に埋入します。
あごの骨や周辺組織と人工歯根がなじむのを待ち、固まったことを確認してから、それからアタッチメントという連結部分をはめ込み、義歯をつける、という流れは皆さん変わりません。
時間を要するのは、人工歯根の周りに組織ができて骨にしっかり定着するまでで約2ヶ月から6ヶ月見ておかなければなりません。
このため、インプラント治療を始めてから義歯を使えるようになるまで、要する期間は短くて3ヶ月、長くても10ヶ月くらいだと考えて良いでしょう。
虫歯の危険性は、インプラントにはありませんがメンテナンスは自分の歯より楽とは言えません。
義歯やアタッチメントの損傷は寿命を縮めますし、歯茎と歯根の間に細菌感染が起これば当たり前のことながら、歯周病の危険性もあります。
自分の歯に対する手入れと同じで良いので必要なお手入れをきちんと指導してもらい、毎日のケアで口腔内の清潔を維持してください。
異常がなくても、歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなくてはなりません。
手術によって、人工物であるインプラントを体内に埋め込むのでほとんどの患者さんは、手術後、多少の違和感があるといいます。
数日で腫れも引き、違和感も薄れてくるので違和感を感じてもくれぐれも触らないよう我慢あるのみです。
しかし、術後十日を経過しても違和感に変化がない場合や、痛みや腫れなどが続く、もしくはひどくなる場合は、早急に適切な対応をしなくてはなりません。
急患でも診療を受けることが必要です。
自費診療なので、インプラント治療にはどのくらいかかるのかわからないという声を聞きますが、標準的な治療で、インプラントを一本入れるのに30万円から40万円かかります。
地域によってかなり料金は異なります。
また、ケースによっては歯科医院の施設や規模を選びますし、歯科医の評判も治療費の総額を決めることになるので、複数の医院の費用を調べて比較検討し、最終的に歯科医院を決めるべきでしょう。
いろいろなデータの中でも重要なのは実際にインプラント治療を受けてどうだったか、その評判です。
何と言っても費用がかさむので、一括払いだけのところは少なく分割払いや、クレジットカード払いもできるようです。
歯科治療とは言え、インプラント埋入手術の後は、手術箇所が落ち着くように、安静に過ごさなければなりません。
日常生活でも歯に負担がかからないようにして、負荷がかかる身体運動は控えることが望ましいです。
血行が良くなることで、出血がおさまらなくなることもあります。
運動を習慣にしている方の場合は再開する時期を、歯科医と話し合って確認しておけばベターです。
入れ歯や差し歯に代わる新たな技術と言われるインプラント。
使用年数は生涯持つと言われることが多いのですが、それは治療が完了した後のメインテナンスの頻度や質、担当医の技量によっても変わるようです。
ろくに歯磨きもしないでいると、一生どころか、僅か数年でインプラントが劣化してしまうかもしれません。
また、歯槽膿漏などの口腔内の病気にかかってしまうと、歯根を埋め込んでいるアゴの骨自体が弱ってしまいますから、義歯の耐用年数自体にも影響が出ます。
よく耳にするようになったインプラントは、どんな治療かというと、プラント(植える)という言葉のごとく、顎骨に穴を開けて、人工の歯根を埋没させて癒着させ、その上から義歯を付けるものです。
入れ歯などの方法と比べると、自然に食べ物を噛むことができますし、見た目の美しさにも優れています。
インプラント治療には、歯科医、歯科技工士といった医療スタッフの極めて高い医療スキルが物を言うといわれています。
高価な資材や長い時間をかけた丁寧な施術ですが、保険はきかず自由診療なので、治療費は高額になっています。
あわせて読むとおすすめ⇒歯磨きは歯のホワイトニングに効果あります。