インプラントという治療法

インプラントという治療法を聞いたことのある方も多いでしょう。
これは、まずアゴの骨に手術用ドリルで穴を開け、そこにフィクスチャーとも呼ばれる人工歯根を埋め込み、義歯を装着するものです。
入れ歯などの方法と比べると、自分の歯のように自然に食べ物を噛むことができ、見た目も義歯とは分かりません。
インプラントの施術には、歯科医師に加えて、義歯を作る歯科技工士の高レベルの医療技術を置いて語れません。
それだけ多くの手間や高価な材料が用いられた治療であり、医療費は高額ですが効果はそれに見合ったものです。
最近よく耳にするインプラントは、何らかの原因によって歯の欠損が生じたとき、歯根からあごの骨に埋め込んだ人工歯のことです。
ブリッジや入れ歯との根本的な違いとして、インプラントは歯根からあごの骨に埋め込んでいるので残った歯と同じような使用感があり、他の歯に負担をかけずに、長く使い続けられます。
インプラント治療には健康保険が全く適用されないので、治療費がかかってしまうことも知っておきましょう。
インプラント埋入手術は局所麻酔がほとんどなのでかなりの痛さを想像してしまうでしょう。
インプラント埋入手術を受けても、痛さを心配する必要はありません。
麻酔の効き方を確認しながら手術の本番に入るためです。
麻酔が切れた後で、腫れてきたり痛みを感じることもあります。
痛み止めの頓服薬を処方されることが多く、耐えがたいような激しい痛みが続くことはまずないでしょう。
インプラント治療の終了は義歯が問題なく使えるようになったときですが、その後も歯科医によるメンテナンスは必ず必要になるのでその費用もみておかなければなりません。
使用に問題がなくても、三ヶ月に一度のペースで定期検診に通うのが一般的です。
メンテナンスの費用は保険がきく治療がほとんどなので、約三千円とみれば良いでしょう。
従って、年間1、2万円くらいの出費は必要です。
完全に歯がなくなってしまった部位にも使えるインプラント。
しかし、この治療法も決して万能ではなく、制約もあるので覚えておきましょう。
何かと言うと、インプラント治療を受けられる人は限られているという事実です。
糠喜びにならないためにも知っておきましょう。
インプラント手術では、まず顎の骨に穴を開けて人工歯根を埋め込む必要があります。
ガンで治療を受けている方や、糖尿病、心臓病などの持病をお持ちの方、インプラントを埋め込む顎の骨が既に減ったり無くなったりしている場合も、残念ながらインプラントは利用できないとの判断になる可能性は高いといえます。
注意してください。
新たな歯科医療の形として期待が持たれるインプラントですが、治療を受けるにあたって、歯茎が腫れてくるのではと気にされる方も多いでしょう。
腫れについては、インプラント治療を担当する歯科医師の技術のほか、日頃の口内ケアの状態、体調の悪化などにも影響されるので、必ずこうだと言い切れるものではなく、結局は人それぞれで異なると言うしかありません。
担当医の指示通りに痛み止めを服用し、腫れたところを冷やせば治ることもありますが、数日にわたって痛みが続いているなどの場合は、担当の歯科医にすぐに相談しましょう。
代表的なインプラント適用のケースは、他の歯に影響を及ぼしたくないという場合があります。
ブリッジ治療を例に取ると、義歯を支える役目をする両サイドの歯は削らなくてはなりません。
インプラント治療では、歯根部から人工的に再生するので周辺の歯には関係なく失った歯だけを再生できます。
他の歯に影響を与えずに、失った歯を再生したいという要望がある場合、他の治療法よりもインプラント治療がしっくりくると思います。
他の生活習慣と比べても、喫煙がインプラント治療に及ぼす影響は決して看過できるものではありません。
一般的なインプラントの治療は数ヶ月かかりますが、人工歯根の周りに組織が形成され、自分の歯のように安定することがその後の治療に関わる重要な問題です。
組織の形成には、タバコのニコチン、一酸化炭素などが例外なく阻害する働きをします。
インプラント治療の成功を願うなら、治療を受けている間はつらくても禁煙するのが正解です。
歯科医の技量、患者の体調などの条件によって、インプラント治療も様々な点で、失敗が起きる可能性があります。
どのような失敗が考えられるかというと、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、あるいは破損などインプラント本体に関わる問題、患者の体調、アレルギーなどが原因で、手術したところが腫れる、痛むという身体的問題、手術に失敗してあごのラインが変わってしまったという外見が損なわれる可能性もあります。
問題が起こるリスクを軽減するためにも、歯科医はよく考えて決めてください。
重度の虫歯になってしまい、とうとう抜歯を迫られました。
ブリッジでもいいですよと言われましたがインプラントにすると、このようになりますよと説明され最終的にインプラントを選びました。
費用も見積もりを出してもらい、全て自費ですが自分の歯に近い使用感があるとのことでした。
手術して、だんだん噛めるようになり、間もなく噛んだときの違和感がなくなってきたのでインプラントにして良かったと思いました。
続きはこちら>>>>>歯磨き粉で歯のホワイトニングが出来る